INTERVIEW 05

日本No.1の
e-Sportsのブランドへ
一大産業をつくるチャレンジ

大友 真吾

株式会社CyberZ 執行役員

e-Sports事業部 執行取締役 / 責任者

中央大学卒業後、2007年度サイバーエージェントへ入社。インターネット広告事業本部配属となり、翌年マネージャーに昇格。2009年より株式会社CyberZ立ち上げメンバーとして、取締役に就任し、営業担当役員を経て、現在はe-Sports大会RAGE事業部の責任者として同社執行役員を務める。

QUESTION 01 CyberZが
e-Sportsに注力している理由

弊社がe-Sports事業に参入したのは、OPENREC.tvの目玉コンテンツを探していたのが最初のきっかけでした。

2015年当初、e-Sportsの世界大会の配信や日本一を決める大会などは非常に視聴数も大きく、これはOPENREC.tvでも配信していこう。となったのですが、当時のOPENREC.tvの規模では大型大会の配信権を獲得するのは非常に難易度が高く苦戦しました。
e-Sports市場は世界的には発展していましたが、日本ではまだまだこれからというフェーズでしたので、「だったらCyberZで日本一のe-Sportsブランドを創ろう」となったわけです。

このe-Sports市場へ参入した理由は、元々モバイル専門の広告代理店だったCyberZがスマホ専門広告代理店に業態変更をしたり、代理店ビジネス以外の新規事業にチャレンジしているのと同様に、今後市場として伸び代がありNo.1になれる見込みがあると踏んだからです。

現在ではOPENREC.tvのコンテンツの一部というより、"e-Sports事業"として市場創りから日本のe-Sports発展のために取り組んでおります。

QUESTION 02やりがいを感じるポイントや
今の仕事の魅力は?

ゼロから市場創りを体感できるのが一番の魅力だと思います。

日本においてe-Sportsという言葉を聞いても、正直まだ「?」の人が大半だと思いますので、e-Sportsの知名度を上げ、ゲーマーの市民権を獲得するためにも、ただゲーム大会のイベントを企画して運営し続けるだけなく、他のスポーツ競技が発展してきたときと同じように「一大産業を創るんだ」という気概で、半歩先の未来に向けた地道な活動もし続けなければ成功はないと思ってます。

そこが最大の魅力でもあり、すごく難易度の高いチャレンジでもあると感じてます。

QUESTION 03今後の展望
自身の目指すべき未来像は

まずは2017年、名実ともに日本のe-Sports=RAGE(CyberZのe-Sportsブランド)という確固たる地位を築きたいと思ってます。
来場者数や視聴数など数値的な面でも日本No.1へチャレンジします。

将来的にはK-1やJリーグのように多くの人が楽しめるスポーツエンターテイメントにしたいと思っており、数万人規模のアリーナクラスのスタジアムでRAGEを定期的に開催し、世界進出もどこかのタイミングで狙いたいです。

私個人としても、RAGE事業の成功はもちろんですが、RAGEを通じてゲーマーとしての新たなキャリアを見出したり、その他教育機関や周辺ビジネスも発展するようにRAGEをe-Sportsプラットフォームにしていけたらと思っております。

募集職種

PAGETOP