INTERVIEW 03

スマホ市場を発展させ
世界との架け橋になりたい

高 筱瑋

海外事業部

グローバル広報

台湾出身。2015年CyberZ中途入社。海外事業部にてアカウントプランナーとして中華圏をはじめとしたアジア全域における広告マーケティング事業に従事。現在、グローバル広報担当として海外での企業ブランディング全般を担う。

QUESTION 01CyberZで
働きたいと思った理由

私は言われたことをやるだけじゃなくて主体的に動きたいタイプなので、風通しの良い印象の企業で働きたいと考えていました。
また、自分の強みである言語力や異文化理解力を発揮し、国と国の架け橋のような存在を目指していたので、転職の時から「裁量権が大きい×グローバル事業」という軸で選んでいました。

社員の話を聞いている中で独特な社風を感じ、「ここだ」と思って入社しました(笑)

QUESTION 02入社して感じた
CyberZの魅力は?

一番の魅力は、裁量権の大きさです。指示されてやる仕事はほとんどなくて、やりたいと手をあげればどんどん任せてもらえます。

経営層と交流する機会が多く、社員自ら経営課題に対する解決策を提案する会議も設けています。
.実際、私も元々営業でしたが、自分から「もっと海外分野を広げていきたい」と手をあげて、現任のグロバール広報をやらせてもらっています。
もちろん責任も伴いますが、自分の提案が実現した時の達成感がとてもやりがいを感じます。

QUESTION 03挑戦したいこと
今後のビジョンは?

日本はスマホ広告市場において先進国と言えます。私は今後、日本のスマホ広告の知識や技術力を持って発展途上国のスマホ市場の発展を加速させ、海外市場にも貢献することで「世界の架け橋になる」という夢の実現に近づけていきます。
また、仕事とプライベートの両立を実現させ、かっこいい女性のロールモデルとして頑張りたい気持ちもあります。これから女性の活躍の場はもっと拡がっていくと考えています。そんな中、自分より若い世代の道しるべのような存在になれると嬉しいです。

募集職種

PAGETOP